土日休みの薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

土日休みの薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

東京都心や首都圏で勤務している薬剤師の多くが抱える悩みとして「給与はいいけど休みが不定期で生活リズムが安定しない」というものがあります。家族を持っていたり、まだ子どもが小さく世話が必要であるといったケースでは「仕事を辞めようか、それとも実家の近くに引っ越そうか」と考える人が多いのです。その結果、実家に近く土日が確実に休める職場を求めてUターン転職をする人は少なくありません。「土日休み、Uターン転職」で検索をすると、「規模の大きな門前薬局」もしくは「チェーン展開している薬局」の求人が数多くヒットします。

東北や東海、中国地方では薬剤師の数が不足しているため、安定的な医療レベルを確保したい自治体としては「転職希望者の要望を可能な限り聞くように」という働きかけが行われています。とはいえ規模の小さな個人経営の薬局やドラッグストアではなかなか「週末休み」と確約するのは難しいのが現状です。一方大規模病院の門前薬局では、訪れる患者数が多いことから勤務している薬剤師も必然的に多くなります。

そのため転職希望者が採用に当たって「毎週この日は必ず休みたい」という要望を出したとしても受け入れられる可能性が高くなるわけです。実際静岡や愛知の求人情報を見ると、門前薬局で「週末週休2日」という条件で募集を行っているケースが非常に多く見られます。ただし雇用形態は「正社員」が一般的であるものの、中には試用期間として半年から1年ほど「派遣社員」として勤務するよう求められる事例もあります。確実に正社員になりたいと考えているなら、契約が「通常派遣」か「紹介予定派遣」かを事前に必ず確認しておきましょう。

北陸、九州などでは大規模にチェーン展開している薬局が「土日休みOK」という条件で募集を行っています。それが可能な理由としては、個人経営の場合と異なり、チェーン薬局の場合には近隣の他店舗からヘルプを呼ぶことで人員を調整できるというメリットがあるからです。ただし雇用形態は「パート」や「アルバイト」であることがほとんどです。時給は2000円から2500円と高水準が保証されているものの、ボーナスやその他の手当は給付されないので注意が必要となります。

最近では「地元出身者の子育て支援」をモットーとして「Uターン歓迎、土日休み可能」という案件が少しずつ増えてきています。とはいえ「実家にできるだけ近い場所がいい」「今の給与水準より低くならないようにしたい」など、他の希望条件も事前に決めておくのは大切です。そうすることによって効率よく、なおかつ後悔しない転職を成功させることができるでしょう。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ