調剤薬局で薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

調剤薬局で薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

「もっとゆとりのある生活をするためにUターン転職して調剤薬局で働きたい」と希望する人が多くなっています。特に首都圏で製薬会社や病院勤務をしている人たちの間でその傾向が多く見られます。製薬会社でMRやCRAとして働く場合には、医薬品を販売・営業するために残業や休日出勤が多く、体力の限界を感じてしまうことがネックとなるようです。また病院勤務ではさまざまな医薬品を扱うという点でやりがいを感じるものの、定期的に宿直や当直があることから生活リズムが乱れるという悩みを抱えるケースが多くなっています。そのため定時の出勤・退社が比較的容易な地方の薬局勤務に切り替えたいという人が増えているわけです。

もし転職する前に多少なりとも薬局での就業経験がある場合には、Uターン転職は容易であると言われています。また経験はほとんど、あるいはまったくない場合でも「研修制度完備」という案件を探せば大丈夫です。東北地方であれば岩手県や福島県、九州地方では大分県や熊本県で「薬局未経験でも大歓迎」という求人が多くなっています。地方の薬局は勤務する薬剤師の平均年齢が高いことが多く、エネルギーのある若い人に業務を引き継いでもらいたいと考えているケースも少なくありません。ですから定住する可能性が非常に高い地元出身者のUターン転職は大いに歓迎され、やがて管理薬剤師となることを見据えて丁寧な研修が行われるわけです。

商店街などにある個人経営の面分業薬局でも「Uターン転職者歓迎」という案件が多くなっています。こうした地元密着型の薬局ではオーナーである薬剤師がすでに高齢になっているケースが多く、店の管理全般を信頼できる人に任せたいと希望していることもあるようです。ただし面分業薬局は毎日安定した数の患者が訪れる門前薬局とは異なり、安定した経営状態を保つためどのように営業を行うかを考える必要もあります。転職以前に製薬会社のMRとして働いていた人は経験を大いに生かすことができるでしょう。

「Uターン転職」の薬剤師はどの地方でも大変歓迎されており、薬局の求人も多く見られています。ただし勤務時間や給与待遇が転職前より悪くなってしまっては元も子もありません。ですから面接ではこれまでの実績を大いにアピールした上で雇用条件に関しては積極的に交渉を行いましょう。「自分を採用することによりこの薬局にはどんなメリットが生じるのか」という点をさりげなく、なおかつ分かりやすく伝えることができるなら、採用を勝ち取る可能性が格段に大きくなることでしょう。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ