製薬会社で薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

製薬会社で薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

薬剤師がUターン転職で都心から地方へ移転するメリットとして「給与や福利厚生など待遇がより良くなる」という点が挙げられます。また地元出身者であるという共通点からIターン転職やJターン転職よりも採用されやすいという利点もあり、これは転職して製薬会社で就業しようとする場合も同様です。では地方で製薬会社の求人を探す際に注意しておくべきことがあるでしょうか。1つ目は「案件数」、2つ目は「英語力」です。

ほとんどの製薬会社は営業の効率や医療機関の分布状況を考えて、東京や大阪などの大都市にオフィスを構えています。とはいえ最近では営業所のみ都心に置き、研究や開発は地方の施設で行うというケースも多くなっており、経験のある薬剤師を全国から募集することも行われています。ですからUターン転職を希望する人で、以前に研究所での就業経験がある人は比較的容易に転職先を見つけることができるでしょう。特にMRやCRAとしての就業経験がある人は採用される可能性がかなり高いと言えます。もし製薬会社の勤務経験がない人でも管理薬剤師としての実績がある場合や、研修認定薬剤師などの資格を持っているなら採用される可能性は高くなります。ただしどの分野でもほとんど経験がないという場合、Uターン転職であっても採用してもらうのは難しいと言えるでしょう。

製薬会社へのUターン転職を考える際に覚えておくべき2つ目の点は「外国語スキル」です。最近では国内の製薬会社でも外資系との提携を見据えて英語力、特に医学用語をビジネスレベルで話すことができる人材を広く求めています。また外国で医薬品のライセンス申請をする際にも英語力が必須となります。ですから英語を含む外国語スキルを持っている、もしくは英語で医療事務や医療に関わる書類の作成経験があるなら、それは大きなアピールポイントとなり、製薬会社へのUターン転職は成功しやすくなるでしょう。

最近では「北陸人材バンク」のように自治体と提携しながら薬剤師のUターン・Iターン転職者をサポートする団体も増えてきています。そうした団体の運営するサイトでは、製薬会社の求人情報も比較的容易に見つけることができます。とはいえ情報を見つけた後の手続きや福利厚生などの詳細に関しては基本的に自分で連絡を取って確認をしなければならない、ということも覚えておきましょう。また面接では薬剤師としてのスキルや経験を分かりやすく伝えることができるよう、入念にリハーサルしておくことも非常に重要です。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ