有休・産休が取得しやすい薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

有休・産休が取得しやすい薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

業界を問わず、妊娠・出産を会社に報告したら、そのまま退職するよう勧められたという事例が未だに見られています。また出産後に職場復帰したものの、生活リズムの変化によって以前のように仕事ができなくなってしまったため「子育てを手伝ってもらえるよう、実家の近くに転職先を見つけたい」と考える人は少なくないようです。では薬剤師として働く人が有休や産休の取りやすい仕事を求めてUターン転職しようと思う場合、求人情報を見つけるのは難しいのでしょうか。

「Uターン、産休・有休」で検索を行うと相当数の求人情報を容易に見つけることができます。それらを詳細に見ていくと、「産休・有休取得実績あり」という記載が多いのは東京や神奈川、大阪のような大都市圏よりもむしろ地方都市の求人であることが分かるでしょう。例えば静岡県や長野県では、病院内や薬局内に保育施設を併設していたり、子育て中の人が優先的に有休取得ができるよう取り決められているケースがかなり多く見られます。また年配になった親の介護を目的としてUターン転職を考えている人のために、「介護有休制度」を導入している病院や薬局も、千葉や和歌山などの地方都市を中心に少しずつ増えてきています。

岐阜県や愛知県、また新潟県では子育てや介護をしている人のために「時短勤務制度」を導入している薬局や病院が非常に多くあります。またパートやアルバイトの職員として勤務する場合でも、規定された勤務時間を上回った人には「介護手当」や「家族手当」が正社員と同様に給付されるケースが見られます。ですからUターン転職を希望する人にとっては魅力的な案件が多い場所と言えるでしょう。

通常ドラッグストアでは各店舗で働く薬剤師が少ないため、女性薬剤師が産休の申請をしようとするとそのまま退職しなければならない、という事例が少なくありません。ただし地方でチェーン展開しているドラッグストアでは、オーナーが地元出身者であることからUターン転職者を大切にすることが多く、産休後に復帰できるよう取り決めがなされているケースが多いとされています。また以前と同じ店舗には復帰できなかったものの、近隣にある系列店を紹介されてそこで採用してもらえた、ということもあるようです。

出産を見据えて、あるいは年老いた両親を介護するためにUターン転職を考えているなら、「産休から復職した実績があるか」「有休はきちんと消化させてもらえるか」など、求人先の評判をじっくりと時間を取って確認しましょう。面接でも「家族の世話をするために時間を確保したい」と伝えておくことで、就業後に生じ得る不必要なトラブルを避けることができます。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ