病院で薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

病院で薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

地方の医療機関における労働者不足は深刻となっています。特に高齢化が進む地域では病院やクリニックの利用者は増加傾向にあるものの、そこで勤務する看護師や薬剤師が不足してきているのです。そのため沖縄県や長野県など複数の自治体では「Uターン転職」を希望する薬剤師を広く募集しています。では都心から地方の病院へ転職しようと思う場合、どんなポイントを押さえておくと良いでしょうか。キーワードは「Uターン転職をした理由を明確にしておく」という点でしょう。

地方の病院では院内薬剤師の欠員が多いため、地元出身である「Uターン転職者」はとても歓迎されます。もし前職までに首都圏で病院内勤務の経験があれば貴重な即戦力とみなされて、すぐに在庫の管理や納品数のチェック、さらに製薬会社との打ち合わせを任されることもあります。平均的な給与待遇として月収40万円前後、年収600万円前後、あるいはそれ以上を提示されることもあるでしょう。ただし責任が大きくなればそれだけ残業や休日出勤が増えると予想されます。もし転職を決めた理由が「さらなるキャリアアップを目指して」というものであればそれは望ましい職場と言えるでしょう。ただし転職の動機が「以前の職場は残業が多く体調を崩してしまった」「家族とゆっくり過ごせる時間がもっとほしい」というものであるなら、面接の段階でその希望をきちんと病院側の担当者や経営者に伝えておくことが重要です。

もしこれまで病院内での勤務経験がない場合には「事前研修制度」がある病院を探すと良いでしょう。最近では院内の研修制度に加えて、薬剤師の認定資格や上級資格を取得できるよう「奨学金制度」を設け、キャリアアップを積極的にサポートすることでUターン転職者の応募を増やす取り組みを行っている地方の病院も増えてきています。富山県や長野県では自治体が中心となってこうした情報を積極的に公開しています。「これまでは製薬会社やドラッグストアで忙しく働いてきたものの、転職を機に病院で勤務してみたい」という人にはこうした案件がお勧めです。

「転職はしたいものの、病院で働くことには少し不安がある」「病院の職場環境を確かめる方法がわからない」などの悩みを抱える人は意外と多くいます。そういったケースではまず募集要項をじっくり見て、関心を持った医療機関を直接訪問することをお勧めします。職場の雰囲気や職員の年齢層、保育施設の有無を確認して、「就業後の良いイメージができる」もしくは「働きやすそうな職場環境」と感じたところに絞って応募してみましょう。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ