子育て支援がある薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

子育て支援がある薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

薬剤師としてフルタイムで働いていたものの、子どもが生まれることになって離職した、もしくは子育てと仕事の両立が難しくなったので休職しているという女性は少なくありません。製薬会社のMRとして働いていた場合には、残業や週末出勤などに対応できなくなったというケースもあるようです。「落ち着いた環境で子育てをするために実家へUターン転職しよう」と計画したものの、地方で子育て支援をしてくれる企業はあるのだろうかと不安になることでしょう。最近では企業だけでなく、多くの自治体が率先して薬剤師の子育て支援を実施しています。

少子化が進む地方の自治体では子育てをしている主婦を応援しようという取り組みが数多く見られます。積極的にUターン転職者の子育て支援を行っていることでよく知られている自治体は、北陸地方であれば富山県や福井県、中国地方では広島県、そして九州では長崎県が挙げられます。特に福井県では「薬剤師資格を持つ人のUターン支援」として県のホームページを通じ、最新の雇用情報や乳児・幼児を持つ親が利用できる公的支援などの情報を公開しています。長崎県や広島県でも県のホームページから子育て支援プログラムを持つ企業の情報を提供しているので、そこから転職情報を得ることも可能です。例えば長崎県のある製薬会社では「県外からの引越し費用負担」と「社宅の家賃一部負担」、さらに「毎月の子育て手当給付」というように、具体的な支援内容をホームページに掲載することでUターン転職者の呼び込みを意欲的に行っています。

病院内勤務の薬剤師も子育て支援を受けやすい転職先と言えます。大勢の女性看護師が働く総合病院ではすでに「時短勤務可能」や「ローテーションの固定OK」など子育て支援の制度が導入されているケースが多いため、薬剤師も同じ支援制度を活用することができるわけです。また病院内に保育施設が準備されている事も多いので、乳幼児を持つママ薬剤師にとっては比較的働きやすい環境が整っている転職先であると言えます。Uターン転職者の場合は地元出身ということで採用されやすいというのもメリットの1つと言えるでしょう。

とはいえ「子育て支援をしています」と募集要項に記載されていても、その具体的な内容が書かれていないと不安に感じるものです。もし給与体系の詳細や子育て支援サービスの具体的な内容に関して疑問がある時は、必ず連絡をとって確認しましょう。またインターネットの口コミサイトなどを活用するのも良い方法です。そのように事前の確認を徹底することにより、「子育てしやすい環境への転職」を成功させることができます。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ