キャリアアップできる薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

キャリアアップできる薬剤師Uターン求人情報を探すなら!

薬剤師としてキャリアアップするためには「調剤薬局」「病院」「ドラッグストア」の中からどのキャリアパスを選択するかが重要となります。調剤薬局で働く場合には「管理薬剤師」となって複数の薬局を管理・監督するという目標があります。病院で働く場合には「研修認定薬剤師」や「がん専門薬剤師」など医療チームとの一員となって働くエキスパートを目指すことが可能です。ドラッグストアで勤務する薬剤師は「エリアマネージャー」や「店長」として経営に参加することもできるでしょう。Uターン転職の機会を活用してこうしたキャリアアップのきっかけをつかんだ人は多くいます。

Uターン転職で東京などの首都圏から地方都市へ転職した人がまず驚くのは「地方薬局における仕事量の多さ」です。薬剤師として働く人の絶対数が少ないため、各薬剤師が担当すべき業務は首都圏で就業する場合と比べて圧倒的に多い、というのが現状です。そのため薬局内の業務全般に関してわずかな期間で多くの経験を積むことが可能となり、「目安は実務経験3年」と言われる管理薬剤師の資格を比較的早い段階で取得できたというケースが多いのです。

「Uターン歓迎」という地方の病院では薬剤師の平均年齢がかなり高くなっているため、比較的若い薬剤師を雇用して業務内容の引き継ぎを行いたい、というケースが目立ちます。そのため採用された薬剤師はベテランの薬剤師たちが積み上げてきた経験や医薬品に関する深い知識から学ぶ機会を得ることができ、結果として短期間で大きくキャリアアップすることができるわけです。また最近では病院に個性を持たせるため、精神科や小児科、心臓外科など専門分野に通じた薬剤師を育てようと取り組んでいるクリニックも増えてきています。

ドラッグストアは「身近な薬局」として、飽和状態にある都市部よりもむしろ高齢者を対象とした地方展開を進めているケースが多くなっています。特に主力商品である医療品・医薬品を扱うことのできる薬剤師は高く評価されることが多く、お客さんからの信頼も厚いことから店舗責任者として昇進することも珍しくありません。また都市部とは異なり地方のドラッグストアでは個々のお客さんと会話することも多くなるので、コミュニケーション能力をさらに磨くことも可能です。

Uターン転職をきっかけに薬剤師としてさらなるキャリアアップを目指したいなら、まず明確なキャリアパスを書きだしてみましょう。どんな上級資格を取得したいのか、経営者を目指すのか、それとも医療の最先端で働きたいのか、といった点をはっきりさせておくことによって、転職するべき職場を見極めることが可能となるはずです。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ