薬剤師Uターン転職するのに良いタイミングについて

薬剤師がUターン転職するのに良いタイミングとは!?

薬剤師がUターン転職をするのによいタイミングには2つの見方があります。ひとつは転職先で新生活を始めるのに適したタイミング、もうひとつは前の職場を辞めるタイミングです。Uターンの場合は転居が伴うため、前の職場を辞めたらすぐに次の職場で働くというわけにはいきません。ですから前の職場の辞め時と新生活をはじめる時期の両方のタイミングをしっかりと確認しておく必要があるわけです。

辞めるタイミングに関してはそれほど神経質に考える必要はありませんが、ボーナスが出るところならもらってから辞めるのが鉄則です。それから人手が不足している職場の場合は離職の意思をかなり早い段階から職場に伝えて後任が見つかるまで待つのが理想的です。いくらUターンで遠くへ引っ越すといっても最低限のマナーを踏まえておきたいところです。

一方転職先で新生活を始めるのに適したタイミングに関しては仕事探しよりも新生活に相応しい時期を見定めることが大事です。Iターンに比べればUターンは移住先に溶け込みやすい面もありますが、ご家族がいる場合には全員が新生活に早くなじめる時期にUターン転職を行うのがベストです。お子さんがいる場合は4月の新学期をはじめる時期に合わせるのが一番です。そのためには転職活動そのものを最低でも2〜3ヶ月前からはじめておく必要があります。この点は家庭環境や生活環境を考慮したうえで判断したいところ。また、地域によっては気候・天候も考慮した方がよいでしょう。人手不足で好条件の求人が多い北陸地方は冬場は大雪になるところが多いので過ごしやすい春先〜夏くらいまでの間にUターンするのがベストです。

職探しに有利なタイミングはとくにないといってもよいでしょう。先述のようにUターンの転職先では人手不足の問題を抱えている求人が多いため、季節や時期を問わずに募集が行われています。それに地方では調剤薬局やドラッグストアからの求人が多く、4月や9月に中途採用を行うことが多い製薬会社や医療機器メーカーの求人は多くありません。こうした事情からも仕事探しよりも生活環境を重視してタイミングを判断した方がよいのです。

もうひとつ注意したい点としては移住先の地域独特のしきたりや習慣も重要になってくることが挙げられます。その地域のイベントや自治会の活動などに参加しなければならず、思うように休日が取れないケースなどもあります。この点は事前に情報を集めるのは難しいですが、Uターンなら以前住んでいた頃の経験からある程度推測することもできるはずです。頭に入れておきましょう。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ