薬剤師がUターン転職する際の退職について

薬剤師がUターン転職する際の退職について

薬剤師は離職・転職が多い職業といわれるため、転職先探しだけでなく「辞め方」もしっかりと踏まえておく必要があります。飛ぶ鳥跡を濁さず。これはどの業種においても共通していますが、薬剤師の場合は専門的な知識が伴う業務であるうえに人手不足の問題を抱えている職場が多いこともあってとくにそれが重要になります。急にやめたりすると残った同僚への負担が多くなってしまううえにすぐに人員を補充するというわけにもいかないために大変な迷惑をかけてしまうことになります。

ですからまず退職については職場にその意図を前もって伝えておきましょう。一般的に退職は最低でも1ヵ月前には伝えておくべきといわれますが、薬剤師の場合はもう少し早めに伝え、職場が後任を見つけられる時間を用意させるのが理想的です。退職する理由はさまざまですが、激務が原因で退職する場合には自分の行動が職場をさらに大変な環境にしてしまうことを忘れてはなりません。

それから重要なのが新生活との関係です。Uターンには転居が伴いますから、辞めた次の週から新しい職場に入る、というわけには行きません。退職から新しい職場への入職の間にはある程度のタイムラグが出てきます。これをいかに短くするかもUターン転職の重要なポイントです。退職してから転居などの準備をはじめると1ヶ月以上も間が空いてしまうことになりかねませんし、かといって転居の手続きと転職活動、退職の準備を同時進行で行っていると慌しくなりすぎてひとつひとつの作業が十分に行えない恐れがあります。基本的には転職活動を最初にはじめたうえで新しい職場のに目安がある程度ついたら退職の準備をはじめ、その後転居先を探すといった順番がよいでしょう。

くれぐれも退職を先にしないこと。Uターン転職の問題点のひとつに自分のキャリアやスキルに合った職場を見つけにくいという点があります。都市部に比べて業種・職種の選択肢が狭いため、思うように自分のキャリアを継続できる職場を見つけにくいのです。退職を先にしてしまうと焦って自分のキャリアに合わない業種・職種に妥協して転職しなければならないケースも出てきます。そうなるとその後のキャリア形成はもちろん、収入にも影響を及ぼすため、転職活動をある程度進めてから退職の準備を行っていくことになります。

それ意外は他の職業の退職と変わりありません。後でトラブルにならないよう必ず文書で退職願を出すこと。どれだけ職場に不満を抱えていたとしても大人の対応でスムーズに退職できるよう心がけること。人手不足の職場では引き止められることもあるでしょうから、その際には転居とUターンの事実をうまく理由にするようにしましょう。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ