地方にUターン転職する薬剤師について

地方にUターン転職する薬剤師

地方にUターン転職する薬剤師が近年増加しています。これまでは地方での就職は都会に比べて年収が低く、待遇も良くないという考え方が一般的でしたが、その考え方は変わりつつあります。もちろん都道府県ごとに発表される最低賃金は地方ほど低くなる傾向が見られますから、地方と都会との間に賃金格差があることは紛れもない事実です。しかし敢えてUターン転職することには理由があります。一つ目の理由は都会の薬剤師が飽和状態にあるという点です。薬剤師になるのは大変だという見方を持つ人もいますがそれはかつての話で、薬学を専攻する6年制の大学を卒業することで、薬剤師になることができるようになりました。

医療現場で働く医療従事者の慢性的な不足が叫ばれていますが、都会と地方との格差についてはあまり触れられないことが多いのが実情です。実際には地方ほど人手不足は慢性的なものとなっています。それとは対照的に都会には全国から優秀な人材が集まっているために、医療機関側もより能力のある薬剤師を採用する傾向があり、薬剤師にとって都会での就職はかなり狭き門となっているのが実情だといえます。求人情報を見ても、都会の総合病院などの医療機関では薬剤師の定期募集を止めたところや、中途採用を行なっていない所が増えています。薬剤師が一度就職すると長期にわたって勤務する傾向になっているからです。

地方にUターン転職する薬剤師が増加している他の理由に、生活環境の良さがあります。田舎暮らしが人気を集めていますが、Uターンでの転職の場合それほど悩まずに田舎暮らしを始めることができます。生まれ育った地域ゆえになじむのも早く、しかも空気や水がきれいで子育ての環境としても最高の条件が備わっているのが地方の生活です。家賃が安く家を購入したとしても都会に比べて土地代が安いため、都会に持つ家を手放したお金で新しい家を購入することも可能です。生活にかかる負担が減る分、生計に余裕が出てきます。

地方にUターン転職する薬剤師が増加している背景に、年収が高い職場に就けるという点があります。地方ほど年収が高くなるというのは一見矛盾しているように思えるかもしれませんが、都会の医療機関は人件費が多くかかるため給料が抑えられてしまう傾向があります。人件費を低く抑えられる地方の場合は、節約できた分を報酬に反映させる場合があり、他の職種に比べて報酬が高くなる傾向があります。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ