薬剤師のUターン転職活動について

薬剤師のUターン転職活動

薬剤師のUターン転職活動では求人探しはもちろん、転居の準備なども同時進行で行っていく必要があります。この点は他の業種でも変わりはないわけですが、薬剤師の場合はどんな仕事に転職するのか、選択肢が多いだけに時間の余裕を十分に確保したうえで行っていく必要があります。

薬剤師の場合、調剤薬局やドラッグストアのほか、製薬会社や医療機器メーカー、治験関連の企業などさまざまな転職先の選択肢があります。そのどれを選ぶかによって就業環境が大きく異なってきますから、それがUターン先の生活環境にどのような影響を及ぼすのかをよく考えながら転職活動を行っていく必要があるのです。たとえばできるだけ通勤の負担を避けたいなら転居先のすぐ近くにある調剤薬局やドラッグストアを選ぶといった具合です。また地方への転居となるため通勤のための交通事情も把握しておきましょう。病院薬剤師への転職を目指す場合には車通勤が可能かどうかも重要なポイントです。

それから地域情報の収集。これは生活環境と薬剤師の転職環境の両方の面で重要なポイントとなります。生活環境に関しては新しい生活をどのような環境で開始することになるのか。かつて住んでいた場所へ転居するUターンの場合は比較的事情がわかりやすいですが、長い間空白があった場合にはどれだけ環境が変化しているかを見ておきましょう。とくに2000年代に入ってからは地方の開発、少子高齢化の進行、そして医薬分業の推進や薬剤師の幅広い業種からの需要増加などの要因から地方で環境が目まぐるしく変化しているケースも見られます。昔住んでいたイメージだけでなく、現在の環境を詳しく確認しておきましょう。

転職環境に関しては現在の自分にとってよい転職先を見つけられるかどうかがポイントとなります。簡単に言えばキャリアの継続ができるかどうか。地域によってはこれまで働いてきた業種、分野の求人が見つからない可能性もあります。その場合はキャリアを活かせない、あるいは備えているスキルに相応しい評価と収入が得られない環境での転職になってしまう恐れもあります。そうしたことがないように確認しておきましょう。

こうした基本的なところを踏まえたうえで転居先探し、助成金など自治体のUターン支援制度のチェックや申し込みなどを行っていくことになります。あくまで転職と転居の両方が成功してこそUターンをする意味がある。この基本的なところを忘れないよう心がけながら活動を行っていきましょう。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ