後悔しない薬剤師のUターン転職

後悔しない薬剤師のUターン転職がしたいなら

薬剤師が後悔しないUターン転職をする場合には生活環境とキャリア、そして就業環境の3点をバランスよく重視し、入念な情報収集を行ったうえで最終的な判断を下すことが求められます。

Uターンの場合、かつて住んでいたエリアへの移住ということもあって転居先になじみやすいとのイメージもあります。しかし何年も離れていれば環境はずいぶんと変わります。大規模な開発によって町並みが変貌していたり、逆に少子高齢化が進行して寂れてしまっていたり、ノスタルジーだけでUターンを決意すると現実とのギャップに苦しめられることにもなりかねません。またご家族がいる場合には自分以外の家族にとってはIターンになることも忘れないようにしましょう。あくまで家族全員が新生活になじみ、満足できるUターン転職が求められるのです。お子さんがいる場合には学習環境や治安状況などにも目を向ける必要があります。

職探しに関してはキャリアの継続と就業環境の両方に考慮して求人を選んでいく必要があります。そのためにはどんな理由でUターン転職を決めたのかを明確にしておく必要があります。ゆとりのある生活・就業環境のためなら年収ダウンも受け入れる、あるいは高待遇の求人が多い地方で年収アップを目指したい、など。何が目的かによってUターン転職後の生活環境に大きな違いが出てきます。年収ダウンがどの程度生活に影響することになるのか、高収入の求人の就業環境はどうなのか。とくに後者に関しては人手不足の影響でかなり忙しい環境で働くことになるケースが多いので注意が必要です。キャリアの継続に関しては自分がこれまで経験を積んできた業種での求人があるかどうかが重要なポイントとなります。地方では製薬会社や医療機器メーカーといった職場からの求人が少ないため、キャリアによっては継続できず、自分のスキルを活かせない、自分の能力に相応しい評価を受けられない職場への転職を余儀なくされる可能性もあります。

こうした点を踏まえた上でUターン転職を行っていくうえでも情報収集の手段は幅広く用意しておきましょう。求人情報を入手するだけでなく、職場の雰囲気や実際の就業環境もできるだけ入手すること、移住先の状況や以前住んでいた頃からどれだけ変化したかを確認すること。この2点は必ず忘れないようにしましょう。加えてUターン先の自治体がUターン・Iターン向けの助成金制度を導入しているかどうかもチェックしておきたいところです。さまざまな面に配慮して万全の備えをしてこそ、後悔しないUターン転職が実現できるというものです。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ