薬剤師がUターン転職をして年収アップ

薬剤師がUターン転職をして年収アップしたいなら

薬剤師がUターン転職で年収アップするのは難しい面もあります。そのため求人探しの段階から自分がどのような職場で働くのか、年収アップにはどのような選択肢があるのかなど、情報収集をしっかり行っておく必要があります。

そもそもUターン転職には収入よりも就業環境や生活環境を優先して行う面があります。これまでの激務の環境や成果主義によるノルマの影響で精神的なゆとりがない環境などから解放され、時間的にも精神的にもゆとりのある環境で働きたい、そのためには年収ダウンも辞さないといったケースが多いのです。言い方を変えればゆとりのある環境と年収アップの両方をUターン転職で求めるのはちょっと贅沢、ともなるわけです。

ですから二兎を追うものは一兎も得ず、Uターン転職を目指す際には収入を重視するのか、就業環境・生活環境を重視するのか、優先順位を決めておくとよいでしょう。もちろん両立できる環境なら申し分ないのですが、どちらかを選ばなければならなくなったときにすぐに判断できるようにしておくことが大事です。

この点はUターンの転職先の状況とも深く関わってきます。地方の場合、薬剤師が不足している影響で高収入の求人を見つけやすい傾向があるのです。人手不足を解消するためにも少しでもよい待遇で引きつけようというわけです。通常の調剤薬局で年収600万円以上など、都心部ではなかなか見つけるのが難しい求人も見つけられます。

その意味では薬剤師がUターン転職をして年収アップを目指すのは比較的容易といえます。先述の調剤薬局からの求人もとくに専門的な業務を求められることはないため、採用のハードルも決して高くありません。これまで調剤薬局、ドラッグストアで勤務していた方ならスムーズにキャリアの継続が可能でしょう。

しかし一方で大きな注意点もあります。人手不足で高収入の求人を用意している職場なのですから、当然少ない人手でやりくりをしなければならない環境にあります。調剤薬局やドラッグストアにひとりで勤務しなければならないケースも出てきますし、残業や休日出勤といった機会も多くなります。つまり高収入は実現できるものの、ゆとりのある環境どころかかえって忙しい就業環境で働かなければならない可能性も出てくるのです。

この点こそ薬剤師がUターン転職を目指すうえでの最大のポイントといってもよいでしょう。少なくとも年収だけに釣られず、就業環境その他職場の詳しい情報を入手しておく必要がありそうです。

薬剤師のUターン求人を探すならこのサイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式サイトへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式サイトへ